【ご注意】近日中にブログ引越し予定!順次記事を移動しています…。

ラーメン二郎、前橋進出が確定!

先日、『二郎が前橋にできる』という噂を聞きつけて、いてもたってもいられず現地調査に入った。


しかし全く情報が得られないまま約2週間たった頃、、、


なんと、前橋市長から公式に二郎が来るとの発表が!!

場所はわかりませんが年内には完成とのこと。(オリオン通りの可能性あり)

本日はそんな発表を記念して、ラーメン二郎とその注文方法などについてまとめてみました。

ラーメン二郎前橋千代田町店オープン!

ラーメン二郎とは

ラーメン二郎はご存知の方もいらっしゃいますが、ボリュームやにんにくの量が有名なラーメン屋さんです。

慶應大学前の三田店が本店で、今や京都や仙台など、都内に限らず店舗が増えており、全国で39店舗もあります

ちなみに現在群馬から番近いのは、川越店です。(もしかしたら、栃木街道店もどっこいかも?)
かつて大宮駅前にもありましたが、残念ながら3年ほど前に閉店してしまいました

群馬県内の二郎インスパイア系

ラーメン二郎にインスパイアされたラーメン店が全国には無数にあります。

なぜかパクリとは言われず二郎系や二郎インスパイア系と言われるあたり、もう二郎は文化だと言い切れるのかもしれません。

ちなみに群馬県内には二郎インスパイア系として、以下の店舗が有名です。

・つの旨(前橋市)
・大者(高崎市)

どちらも、ラーメン二郎のような大盛り&ボリューミーなチャーシューが特徴です。

ニンニク入れますか?

お店によって異なりますが、食券をカウンターに置いた後、「ヤサイ」「ニンニク」「アブラ」「カラメ」の種類のトッピングの量を伝えます。ちなみにアブラは背脂の量、カラメは醤油の量(味の濃さ)です。店舗によって伝えるタイミングが異なり、着丼前に聞かれることもあります。

『ニンニク入れますか?』→『トッピングいかがですか?』という意味なので、上記4種類のトッピングの量を伝えます。

増やしたいトッピングがあれば、「ニンニクマシ」「アブラマシ」といったぐあいに「マシ」をつけます。マシは通常より多め、さらにマシマシはさらに多めということになります。

店舗によってはチョモランマ(すごい多め)という注文が可能な店舗もありますが、もしチョモランマが通用しない店舗だった場合、恥ずかしい思いを避けるためにマシマシくらいに抑えておくのが無難かと思います。

ちなみに私はいつも、「ヤサイマシニンニクマシマシ」で注文しています!

一体誰が店長に??

二郎の新しい店舗ができると、その店長は別の店舗で修行していた助手が店長になることが多いです。

ですので、前橋については現在どこかの店舗で助手をされている方が入ることになるかと思います。

ちなみに最近、目黒店が変則営業しているらしく、タイミング的に、勝手な予想では前橋新店舗が影響してるのではないかと。

つまり、目黒店の助手さんが前橋の店長になるのかも?!と勝手に期待しています。

というのも、かつて私が足しげく通っていたのが目黒店だったのです。あの味か近場でたべれるようになったら文字通り垂涎です。。

ただ二郎各店舗の中でも、特に目黒店は殺伐とした雰囲気が特徴でした。

友達とくっちゃべりながらゆっくり食べてたり、食べるのが相当遅かったり、食べきれないのに多めの注文してたりすると助手さんから『お客さん、うしろのお客さんが待ってるんで』『食べれないなら残して』と、厳しいお言葉を頂いてしまいます。

そんな雰囲気なので、目黒店はみんな黙々と食べていた記憶があります

もしかすると、前橋店もあの殺伐とした雰囲気を踏襲するのかも

まとめ

群馬にラーメン二郎が来るのは驚きですが、さらに驚きだったのは山本龍市長が公式に発表したこと
首長が二郎について発言すること、史上初では?!笑

いかに二郎への関心が高いかがわかりますね。

前橋市ではスズラン移転・8番街再生など大規模な再開発が検討されていますが、こういった魅力的なお店を誘致してくるのも街の活性化につながるのではないでしょうか。

もう待ちきれないので、群馬から番近い川越二郎に遠征しようか検討中。。

ちなみに、かつて群馬に一番近かった大宮店は既に閉店しておりますので、みなさんお気をつけください!(跡地に出来た狼煙も美味いですよ♪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です