さっぱりとしたスープに潜むインドの香りにリピート必至!【からゐ屋】

今日はなんとなくカレーが食べたい気分。この暑さにはスパイシーなカリー(ここは敢えてカリー)がよく合うはず♬

ということで、高崎市下小鳥町にあるカレー専門店、「からゐ屋」さんにやって参りました。

正直「からいや」と呼んでいいのか「かりいや」と呼んでいいのかわかりません。。。(多分前者でOK)

からゐ屋はどんなお店?

からゐ屋さんは1983年創業の超老舗カレー専門店です。

ちなみにこちらのお店は絶メシリストにも選定されております。

ご高齢の夫婦で切り盛りされていますが、どうにかこの味を誰か引き継いでほしい!と思えるほどの絶品カレーです。

お店の佇まいはあまり目立たないので少し分かりにくいかもしれませんね。。。

お店の中にはインド?を思わせる置物やお面がずらっと並んでいます。

また、お店の中に入った瞬間から脳内に侵入するスパイシーな香りが胃袋をこれでもかこれでもかと刺激してくるのです。。

お店はこじんまりとしていますが、席はテーブル席が4つ、そしてカウンター席が3つあり、一度に15名程度入れると思います。

奥のカウンターではせっせとご主人がカレーを盛り付け、奥様が配膳を担当されていますね。

からゐ屋のメニュー

からゐ屋さんでは、ツナカリー、チキンカリー、ポークカリー、ビーフカリー等が提供されています。

また、それぞれのカリーは100円追加で野菜ミックスカリーにできます。

ドリンクにはもちろんラッシーがあり、辛すぎるときは追加注文することもあります笑

今回私は、スタンダードにポークカリーをいただきました♬

からゐ屋の主なメニュー(価格は税抜)

  • ツナカリー   700円
  • 野菜カリー   700円
  • チキンカリー  700円
  • ポークカリー  750円
  • 海老カリー   800円
  • ラムカリー   800円
  • ほたてカリー  800円
  • ビーフカリー  900円

ポークカリー、いただきます!

セットの内容

セットという名称ではないのですが、もはやホテルで食べるランチセットのような佇まい。別々に盛られたカリーとご飯はもちろん、サラダ、スープ、お漬物がついてきます。

写真でわかると思いますが、かなりのボリュームで大人もお腹いっぱいになります!

ご飯の量が普通盛で茶碗二杯分くらいありますので、大盛りにしたらすごい量でしょうね。。周りの方を見てると、半ライスかルー大盛りで注文される方が半分くらいいるような気がしますね。

「ルー大柴で!」って言っても注文通るか誰か試してくれないかな。笑

スパイシーなスープとヨーグルト風味のサラダ

まず提供されるのがスープ。たぶんたくさんのスパイスが隠されているのでしょうが、私にはわかりません。

でも、ショウガの良い香りと黒コショウのスパイシー加減がほどよく、カリーをいただくのが楽しみになります♬

サラダはキャベツとゆで卵で構成されていますが、ドレッシングがヨーグルト風味でこれも美味しいです!

さらっとカリーにごろっとお肉


からゐ屋さんのカリーは、サラサラしたスープの中に沢山のスパイスが感じられるカリーです。

小麦粉を使う日本的なカレーと違い、辛くとも軽くパクパクいけちゃうのが魅力ですね♬(だからあんなにごはんがあるのか、、、)

野菜ミックスを頼めば、スープがよく絡んだゴロゴロお肉とゴロゴロお野菜を一度に頂けちゃいますよ!

そのままだと辛さはそこまで強くないのですが、辛さは3辛、6辛、10辛と選べます。3辛を選んでいる方が多いのではないでしょうか?

本日も安定した辛さと旨さ、本当にごちそうさまでした!

からゐ屋の営業時間・アクセス

営業時間

からゐ屋の営業時間

  • 昼営業11:30~15:00 夕営業17:30~20:00
  • 定休日 火曜・水曜

※これまで水曜日は第3、4のみのお休みでしたが、現在は通院のため水曜もお休みのようです。どうかお身体無理しないでください。。

アクセス

駐車場はお店の前に沢山(スーパー等との共同)ありますので、駐車に困ることはないかと思います。

まとめ

絶メシリスト№7のからゐ屋さん、いつまでもお元気にこの味を守り続けていただきたいです。

また食べにいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です